食と健康

最近、このところ、近頃、どうも、

いよいよ頭の中が凝縮されて、押しせまってきた、様々な事。

今、しきりに、暇つぶしはギター。

空いた時間はギターを抱える。

先日買ったスピーカーで音楽を聴く。

以前だったら、AMラジオを付けっぱなしで、

ニュースの情報源はラジオからだけなので、

しかしここ数日、車も乗らないので、ラジオも聴かない。

今、世間では何が起きて居るのか全く分からない。

今日、やっと、先日岡山から運んできた荷物を、ポンちゃんから下ろした。

重たい本などの入った箱が積まれていたので、ポンちゃんのタイヤは潰れていた。

早く下ろしてあげないと、と、思いながら、4日間も荷物を積んだままだった。

何だろうか?どうも、このところペースが鈍って居る。

とは言え、予定は未定で、未定が予定?で。

ある、二つの飲み会が、一つは私の勘違いで一月違い。心の準備をしていたのでポッカリ穴が空いた。

何かスケジュールが入ると、それを基準にその前後は動けないから、数日のブランクが生まれる。

もう一つは、寄り合いのメンバーが風邪をひいて、飲み会は延期となった。

それが済んだら、次の行動にと空けておいた予定がぽっかり抜けたからと言って、

即軌道修正が出来ない。またポッカリ穴が空く。

それでも次の行動に向けて、今日ポンちゃんから荷物を下ろした。

食料もたっぷり一週間分買い込んだので、それを消費するまで動けない。

傷みやすいものから食べて、保存できるものは置いといて、と、

この村の生活は、ちょっと行って買ってくると言うわけにはいかない。

そんな事で、何かと保存食材が増えてきた。

ひょっとしたら、一ヶ月くらいはこの家の中に籠っていられそうなくらいの食料はある。

いつでも餅はつけるし。大豆も小豆もある。

先日ニンニク1キロほど、みじん切りにしてオリーブオイル漬けにした。

そして、先日岡山に行った時、いつもお世話になって居るNさんから、スダチの絞り汁をいただいた。

瓶の中に300cc入れてくれて、昆布と鰹も入れてくれて

「300cc醤油を入れて、10日間待つように」と、頂いた。美味しいポン酢ができる。

ちゃんと日付も書いていただいたので、その日が待ち遠しい。

私はポン酢をよく使う。と言うよりお酢をよく使う。

昔から、ニンニクとお酢は本当によく食べる。

そのせいか、私は血圧が低め?素人考えで、そう思って居る。

ニンニクも体に絶対良いと思い込んで居る。

 

もう一つ、私の思い込みで、いりこを食べるようにしている。

前回の市民の健康診断で、なぜか?カルシウム不足が指摘されたので、いりこ。

思えば、ここ数年。豆乳ばかりで牛乳をとんと飲まなくなった。

できるだけ、ヨーグルトとかチーズは食べるようにしてはいるのですが、カルシウム不足。

私は、自慢ではないが、昔、歯科大に通っていた時。ああいやいや治療に通っていたのです。

レントゲン写真を見ながら星野先生に言われた。「あんた程の骨密度の高い骨の人は珍しい」と。

この、星野先生の話はだいぶ前に書いたのですが、

ある日、ある行きつけのBARで、隣り合わせになった先生と出会い。

いきなり、私の口の中に指を突っ込んで「あんた、歯医者のドル箱やなあ」。

それがきっかけで、天満の歯科大へ治療に通う事になった。

朝9時に行くと、1時までぶっ通しで治療してくれる。

ちょうど、日航機墜落事件のあった年で、

「あんたがもし、事故にあった時、すぐに身元が分かるようにしとくから」と、

奥歯のブリッジに、私の名前をローマ字で入れてくれて、ついでに?

自分の名前の星のマークを入れて歯を作ってくれた。

ところが、事故に遭うどころか、1年ちょっとでそのブリッジは折れてしまった。

前歯の差し歯も、同じくらいに抜けて、近所の歯科医院で治してもらった。

それ以後、どこへ引っ越しても、その歯科医院に通っている。

もうかれこれ20数年になりますが、その頃作った部分入れ歯を今だに使っているが、問題なし。

餅も上手に食べたら食べられる。

その部分入れ歯は、前記の奥歯の歯間が広くて、ブリッジでは無理と言う事で、部分入れ歯になったのです。

それ以前に、岡山のアトリエの近所の歯科医院では、でっかい丸ごと入れ歯のようなものを作られて、

そんな物を口の中に入れてたら、何を食べても不味い。かくして、その丸ごと入れ歯は、三日で無くなりました。

外して置いていたら、いつの間にか捨ててしまったのか?無くなった。

それで、大阪へ帰った時、その行きつけの歯科医院でその事を話して、医院長は無理だと言いましたが、

無理を言って、部分入れ歯にしてもらって、今に至っています。

必ずしも医者の言う通りにする事はない。

そうそう、あの星野先生とは、あれっきり?BARでも合わなくなりました。

もう一つ。岡山のヤブ医者が、私の親不知を抜くと言うので、

「ちょっと待って、虫歯でもない歯を抜くのはやめてください」やめてもらった。

その、親不知があるから部分入れ歯が出来てる訳で、無かったらインプラントでしょう。それが狙い?

医者の言う事を鵜呑みにしてはいけない。疑問に思ったら医者を変える。

それで助かったのは、友人Kさん。一つ間違えば手遅れで死ぬところだったと言う話もあります。

潔く身を任す事も大事ですが、自分の命や体は自分で守る。医療事故は交通事故より多い時代です。

私のかかりつけの先生は、信頼できます。血糖値がだいぶ下がってきました。

今のところ、自分のマイ検査器で計測してみたら、びっくりすほど下がっていました。

正常値より下がって、低血糖?計り直したら、まあ、以前より下がっていました。

この計測器大丈夫かなあ?まあいっか。

 

と言う事で、何の話だったか?そうそう、カルシウム不足のいりこの話です。

同じいりこを食べるならと、一工夫。

いりこをチャック式の保存袋に入れて、黒酢を入れ浸します。

一石二鳥。いりことお酢で健康食品。これを皆さんに進めています。

最近では多くの仲間が”いりこ黒酢漬け”を食べているようです。広まっています。

私はそれに、ごま油や、オリーブオイルや刻みにんにくなど、いろいろ味を変えて食べます。

すりゴマも良いのではと、これは最強の健康食品です。ゴマは栄養とカプセルとも言われますから。

下手なサプリメントより、副作用もなく安全で、食べても食べなくても問題無いものだったら、食べる。

夜中に食べても、カロリーも糖質もなく問題ない。

今思い付いたですが、梅酢いりこも良いかも。

いりこは青魚ですからDHA&EPAも豊富なのではと思うのです。

今もいりこ黒酢を噛み締めながら、このブログ書いています。

タンパク質、カルシウム、DHA、そしてお酢です。これにゴマを入れたらビタミンE他ビタミン各種、鉄分。

もうその辺の高額なサプリメントはいりませんよ〜。安くて良い事ずくめの”いりこ黒酢健康法”

これが、食べだしたらやめられない止まらない旨さ!

 

ゴマ100gとレバー100gだったらゴマの方が鉄分は多い。しかしゴマ100gはなかなか食べられない。

私、ゴマ屋さんの仕事や栄養専門学校の仕事や水?屋さんの仕事していましたから、

食に関して、まあソコソコ!!の何と申しましょうか?蘊蓄?垂れますです。ちょっとだけ?

そして〜!蕎麦も打てば、鬼に金棒。そばにはビタミンP(ルチン)やミネラルが豊富で、生活習慣予防に良いのです。

では何故、蕎麦屋の私が糖尿病になったか?、蕎麦屋を休業しそばを食べなくなって一年目。

家探しと引越しのストレスが原因と思います。移動も多く食生活の不規則も加わって、

40からずっと糖尿病予備軍を保っていたのですが、それまでの2.5倍に数値が跳ね上がりました。

 

生きてる以上、健康第一。

 

と言う事で、私、血糖値が正常に戻れば、身体全て完璧!?脳みそ以外!

とは言え、病気には謙虚に向き合わなければならないと、若くして妻を癌でなくしてからは常々思うのです。

私がこの歳まで生きるとは思っていなかった、何しろ寝ない(平均3〜4時間)、酒飲み、たばこ吸いですから。

まあここ数年、酒タバコは減っています。そして睡眠は4〜5時間となっています。

 

ひねもすのらりくらりかな

自宅の裏は他人の山

しかし

ここがポカポカ日当たりが良いので日向ぼっこ

そして

ちょっと山歩き


恒例

ここ数年、恒例化?した、信州の別荘生活。

と、まあセレブなと、一瞬驚いて頂こうと、こんな書き出しにしてみました。

年、何回かお邪魔している、友人Fさんの別荘。

温泉付きの別荘で、お向かいさんは国営?放送の私と同性のMさんの別荘があります。

私は、そこでは恒例のそば打ちをします。

丸2年そば屋を休業して、ほとんどそば打ちをしていないのですが、本場信州でそばを打っています。

そしてそばの食べ歩きもします。

今回初めて”山品”と言う、古民家のそば屋さんへ行って来ました。

何回か大町界隈の蕎麦屋さんへは行っているのですが、この山品はFさんたちのおすすめの店で、初めて行きました。

Fさんたちが絶賛するだけの事はあって、今まで、大町界隈で私を満足させるそば屋はなかったのですが、一番良かったと思いました。なんで今まで隠していたの?と、思うほどのそばでした。

 

自分で一箇所だけ、気に入っていたそば屋を見つけたけど、何回か行くうちにムラがあることが分かりました。

”そば屋は一回食べて評価はするな”と、今まで読んだ本の中に、そんな一節があり、定説です。

確かに、同じそばは打てない。これも定説。

そばの食べ歩きをしていた時、あるそば屋には「毎回味は変わります」と、張り紙。

こんなのもありました「今日のそばは失敗です」の、店先の張り紙。

そしてこんなのも「当店は不定休なので、ご来店の折は、電話でご確認ください」そば屋は気まま?

 

そばはデリケートで、時期や素材や気温湿度などの条件で変わってくるので、全く同じには打てない。

そばを打つたんびに毎回違うそばになる。これも定説。神経質にならざるおえない訳があるのです。

まあそれは、料理全般に言える事かも知れない。

かの有名なそば打ち名人T氏が、「52年そばを打って来て、やっと失敗しないで打てるようになりました」

と、言わしめるほどの、そば打ちですから。推して知るべし。なのです。

私なんぞは、たかだか18年のそば打ち経験では、足下にも及ばないのは当然のこと。

まだまだ精進。日々修行なのです。

とは言え、ここ2年はそば打ちも絵筆もたまに打ったり描いたりする程度、作陶に至っては、4、5年土に触れていない。

この二年間は、引越しと家探し、そのついでに精神の浄化?とまた大袈裟な。ですが、まあ、この際67年間の垢を落とすつもりで、日々あれこれと、これからの余生をいかに生きるか?模索の期間としています。

二年間のブランク。そこから脱却してまた新たな出発ですが、そのエネルギーが残っているかどうか?

最近特に思うのは、生きて後10年そこそこ?。

この度お邪魔した別荘のオーナーFさんは、私と同じ干支の生まれで一回り上の人生の大先輩。

まあ、この御仁がお元気で、まあ後12年は私も大丈夫かと、それに、私の周りの一回り上の人たちが、まあ!お元気!

ただ、我々戦後生まれがどれだけ健康寿命を長く保てるか?疑問です。

その基礎体力に関して、前回書きましたが、これからを見届けたいと思います。

 

と言う事で、この2年間のブランクは大きくて深い、這い上がれないクレパスにならないように、次の流れを築く強固な精神力を保っていたいと思う今日この頃。

それにしては息抜きの多い2年間でもあったと、呑気にダラダラは私の得意で、”いざ鎌倉”が起きない限り、真剣になれない質は昔から変わらない。

もう一つ言えば、その”いざ鎌倉”を瞬時に気が付かない鈍さもあったりするのです。

 

昔、梅田で人の良さそうなニイちゃんに声かけられて、狭い袋小路に連れ込まれたことがありました。

まだ大阪に出て来て、日が浅くまだ10代でした。それにそのニイちゃんが、中学の時一度喧嘩をした同級生Sに似ていたので、迂闊について行ったのですが、気付いた時には時すでに遅しで四、五人に囲まれ、両腕を掴まれていました。

その時初めて、カツアゲ?と気づく鈍さ。

一瞬私の顔色が変わるのが、自分でも分かるほどの血流を感じた瞬間でした。

その形相?と一括で、リーダー格のS似のニイちゃんが言いました。

「おい、離したれ」

それで、何事もなく無事解放されたと言う話ですが、数日後、今のヒルトン辺りのドヤ街で、不良グループによる刺殺事件が報道されました。

それから、20数年後にも同じような事があり、その翌朝の新聞にも通りすがりの刺殺事件の記事がありました。もしかしたら我が身にも及んだかもと言う、危うさからなんとか生き延びて、50年後。大阪最後の日の一昨年の7月30日の夜中にとうとう!

追い剥ぎに遭ってしまい。引越し費用の大枚10万円を取られてしまいました。ことは、一昨年詳しく書いたので、ここでは書きませんが、まあ人生の大恥ですから。威張れた話ではないのです。

 

とまあ、こんな具合に、話がそれて行くのがこのブログ。

 

で、話は戻りますが、そうそう、信州でそばを食べた話。

そして、地元のそば粉屋さんでそば粉を調達して、毎回そばを打つのですが、どうも気に入らないそば粉ばかり。

そして、この度、自信満々のそば屋さんでそば粉を調達。自家製粉ではないと言う事で、少し懐疑的な私?

粉をグッと握っても、握ったまま粉が固まらない。これは保水が足らない?風邪引いてる?良くない粉だ?!

と、私は判断したのです。一つのそば粉の定義を忘れていたのです。それは後で思い出したこと。

ひとまず、そのそば粉でそばを打ってみました。私の先入観では良い粉では無いと決めつけています。

ところが、みんなが一口食べて、「うまい!」私も同時に「うま!」と、発してしまいました。

今まで、そこで打ったそばの中では一番美味しい風味のあるそばだったのです。

そのそば粉に疑いを抱いていただけに、気持ちが少し折れました。

よくよく考えたら、そのそば粉は粗挽きだった事に気付いたのです。

粗挽きだったら、粉を握っても握った形は崩れるのが当たり前なのです。

そして、粗挽きの方が、そばにした時香りが良いのです。

いつもなら、一回しか打たないそばですが、今回は3回打ちました。

いい粉で、美味しいそばが打てたら嬉しいので、何回でも打ちたくなるのです。

 

滞在中ほとんど曇りでした

 

別荘から1時間半のところにある

ホテルグリーンプラザ白馬

まあでっかいエキゾチックなホテル

この裏の山側には素晴らしいゲレンデが広がっていましたが

私は一日滑っただけで筋肉痛二日目

私はOさんと

このホテルでワイン飲んでランチをいただいて

スキーヤーを眺めていました

次の機会には滑りたいと思いました

 

ところで今回は昨年の30年ぶりのスキーに続いて

一年ぶりの2回目ですが

昨年よりは感が戻り

余分な力も抜けてそこそこの滑り?だったと……

そして

スノーシューティング

最近人気のカンジキを履いて雪原を歩くのです

 


気分

まだ新年の始まりに乗り切れていない。

どうもけじめがついていない事が気がかり?ですっきりしない新年。

まだモヤモヤは晴れない。

先般ここで書いております。

名簿と近年いただいた年賀状がまだ見つからない。

何かにつけて、必要なものがすぐに見つからない。

前回も書きましたが、何かと探し物が多くなって、イライラが募る。

昨年の暮れに買ったパンツがどこにも見つからない?確かに買った?

だいぶ以前に書きました。スーパーの店じまいセールで買ったもの。

3割引5割引セールが続いています。聴けば3月まで続くらしいけど、店内どんどん商品がなくなっている。

ここ南山城村に来て、生まれて初めてニット帽。ヒートテックシャツを買った。

車にはスタッドレスタイヤも初めて装着した。

とまあ、やっぱりここは今までの冬とは違う体験をしてる。

未知の世界というほどのものでは無いが、12月の初めに路面凍結で危うかった事が、

ここでの生活の危険な洗礼で、すっかり怯えてしまった事は確かです。

ニット帽が頭髪の薄くなった頭に優しい。

ヒートテックのシャツは今までの綿シャツより暖かいことを認識した。

そして、自分でも驚異的な進化と思う事は、パジャマを買ったこと。

私は今までパジャマという種類の衣料を買った事がない。

これも、これからの生活に対する心構えの表れなのか?パジャマと言う響きに心動かされた。

まあこれも3割引の値札に引かれた事もある。Italyと書いてあるがブランドに疎い私には、中国製と書いてあるものとデザイン的にはさして変わりがないが、値段がちょっとだけ違う。所詮スーパーでの買い物ですから。

今までだったら見た目がさほど変わらないものなら安い方を選んだ。

しかしまあ人生初で最後の買い物のパジャマなので奮発。

何か変な話。パジャマを買ったら、大人になった?気分。

と、この歳で?おかしいと思われるかもしれないが、昔から寝ることにこだわりがない私。

寝間着を着る習慣はほとんどなく夏はパンツ一枚。

冬はトレーナーならまだしも、昼着ていたものでいつの間にか寝ている。

まあ、そんな生活がほぼ50数年続いて、昼夜の区別は無い。

仕事柄10代の頃から40過ぎまで、起きているのか寝ているのかの区別のつかない生活で、どこでも寝られる。

そんな昼夜の境が、全くなかった事で、今でも寝る事に全く頓着しない。

そう言った意味で、気分は青春?。そんな生活ぶりに慣れてしまっていたのです。

私の大人の雰囲気といえば、風呂上がりにガウンを着てブランデーグラスを傾ける?

これが私の大人の姿?の極め付け。

そんなゆとりある夜の過ごし方は理想であるが、全く似合わない。と、思ってる。

まず、私はブランデーが飲めない。家ではほとんどウヰスキーも飲まない。

これらは、BARのカウンターで飲むものと言う体と臭覚?に変にインプットされている。

まあそう言った、雰囲気でないと飲む気がしない、ワイン以外の洋酒。

最近はBARカウンターに座っても、焼酎。これがもう定着してしまった感じ。

たまに飲むのはバーボン。ワイルドターキーロック。アルコール50度これ二杯で十分。

香りも味も、長年の間に固定してしまった、好みの洋酒。

たまに買って自宅で飲むが、どこでいつ飲んでも旨い。

と、思うただ一つの洋酒。ワールドターキー12。

 

と、言った事で?先日、数年来思い続けたスピーカーを買った。

最近はまたウッディーな重厚で大きなスピーカーが見直されている中。

先日、ヨドバシカメラで2時間かけて、小型のスピーカーを聴き比べてみた。

良いものはやっぱり高いのだろうと思うが、私の耳にはその違いは分からない。

そして今回買い求めたのは、iPhoneから聞けるスピーカーを探したのです。

かれこれ5、6年前から、ことあるごとにスピーカーを見てきた。

どんどん進化して、小さいけど重低音が聞けるスピーカーを最近は各メーカーが競ってる。

なんとなく知ってはいたがBOSEを認識したのは十五、六年前だったと思う。

扇型のあの小さな箱で、重低音が割れることなく響く、その構造も興味深かった。

スーパーの入り口付近でCDラジカセの実演販売をしていたのです。

小さい割に重低音の響きに引かれたが、7万円でした。

CDラジカセに7万円はちょっと二の足をふむ、高級品だけど、今でも一番人気のようです。

17000円と37000円のBOSEの音の差を、雑踏の中で聞き分けるのは難しい。

小型スピーカーはピンキリで各メーカーがしのぎを削っているのがわかる。

 

今私は、いろんな意味で人生最後の買い物。パジャマからスピーカーまで。

 

過去に進化途上の機器は高額で、あっという間に時代遅れ。

その中でもPCは最たるもので、ここで何回も書きましたがマッキントッシュPCユニット500万円。日進月歩のスピードであっとうまにポンコツに。

ビデオカメラ、担いで撮るから、だんだん小さくなって、思えば5段階進化くらいまで買ったと思う。

20万円くらいから7万円くらいまで、それがいまでは1万円代で機能は数倍。

PCに至っては値段は約50分の1の値段で、スピードも早くなりメモリーは数千倍。

昔のことは言いたくないが、そんな事もあってあまり機械物は買わなくなって久しい。

もう、そろそろ人生最後の買い物?と言う気もするし、これから物の進化はそうは変わらないであろう?と、思うので、とは言え、来年にはまた新機能を携えて新発売されるのかも知れない。

テレビもここ十数年進化を見ているが、価格の下落もあって先に買うと損をする。

そして様々な各メーカーの売り文句に目移りする。テレビを観る仕組みも複雑みたいでさっぱり分からない。

私は、テレビは見ないけど映画やドラマは中毒のように観てしまう。

先日は、リアルタイムでは観られなかった「ドクターX」を、YouTubeで一気に数十本観てしまいました。

連続ものではあるが、一回完結の内容なのでどこから観ても面白い。

これは水戸黄門と同じで、スカッとするストーリー展開が良い。

現実ではありえないと思っていても、大門未知子が完璧をこなす姿は分かりやすくて面白い。昔は相棒が好きだったが、どうも右京の物言いが鼻についてきた。

 

と、言うことで、スピーカーはコードレスのSONYに決めました。

低額のBOSEと同じ位の値段で、比べたらSONYの方が気に入ったのです。

とにかくBOSEは高い。その音の違いは私には分からないので、リーズナブルなSONYに決定。

iPhoneからYouTubeで好みの音楽聴き放題は嬉しい。それに良い音で聴けるから満足。

 

私は音楽がどうも苦手で流行に疎い。しかし今までの人生で気にかかるアーティストがいた。

浅川マキ、井上陽水、サイモンとガーファンクル、ピンク・フロイド、エンヤなどジャンルはバラバラ。ジャズならなんでも好き。

十代で初めて買ったEPがビートルズ、しかしその後はそれほど聴いてない。

それほどに音楽に対してのこだわりはなく、気分でジャンルを選ぶくらいのもので、時にクラシック。

基本的に頭脳?作業の時は無音でないと集中できないので、音楽はいらない。

かと言って音楽を聴くだけの時間を持つ事もほとんどなく、手作業しながら聴くのは、気分で音楽より人の声。

と言う事で、ラジオ。FMよりAM。特にラジオドラマや朗読が大好きで、長年聴いている日曜名作座は、テーマソングを聴いただけでワクワクする。

思えば今時、ワクワク気分はこの時くらいかも知れない?映画やドラマを観るときも同じで、これって現実逃避?

 

そんなこんなの気分でなんでも決めるので、あまり世間の流行りに左右されることは好まない。

 

要するに気分屋なのです。

全てに対してこだわりはなく。かと言って拘らないようで頑固に拘る。事もある。

 

有るようで無く

無いようで有る

有るのは錯覚で

何も無いが現実

何につけても

一事が万事

無文

”なんでも無いようで心にしみる”

これが

”十割そば工房むもん”

名前のコンセプトです


さて!

そろそろ正月気分も…と言うほどの正月でもないのですが、

ここ数年これと言ってさして日頃の日常と変わらない年末年始。

ただ、今年は娘と孫が来てくれたので、例年と違う新年を迎える事が出来た事は喜ばしい事でした。

そして、またひとつ大台に近づいた。と、年を重ねるだけ。

老いぼれていくのに、何がめでたいものかと、年とともにめでたさも年々薄れていくのが心情。

この歳まで生きているとは思わなかったので、今までよりもっとボチボチ人生を決め込みたいものです。

生涯そば屋のつもりが、まあ、世の常でもあります人生そう甘くない。

経営的問題はなかったのですが、パートナーとの問題で、”そば工房むもん”を一旦休業してはや丸2年。

その機会に50年住み慣れて大阪を完全撤退。

岡山のアトリエに移って、陶芸とそば屋をと考えて居ましたが、

またまた転居を余儀なくされ、一昨年から昨年にかけて、家探しと引越しに明け暮れました。

精神的不安定且つ生活の不規則から血糖値は最高潮まで上がり、頭髪は抜け落ち。

波乱含みの二年間でした。

数年前から、まあ普通では無い人生の経験を冒険している私です。

裁判問題から始まって、大移動二回。人と絡むとどうしても起きうる問題と社会の力に押し流されて。

やっと、落ち着けそうですが、まだ春までバタバタは続きます。

この二年間もそうですが、何かと遊びの多い昨今。バタバタの中でも人生を謳歌するのが私。

遊びの合間に、家探しと引越しで、本当にビシッと決まらないグダグダ感は否めない。

今年の春には全てが終わり、また新たな人生の春。となりますか?どうなるやら?さっぱり先の事はわかりません。

いやはやでございます。

 

と言う事で、今年は慎重にこれからの人生設計を考える必要があります。

新天地と言うのは何かとプレッシャーが掛かるものです。

まあ、のんきにマイペースが一番。これ以上頭の毛が抜けても困りますから。

これからの人生。どんな人生であろうとも、後10年そこそこ?

その間に何ができるか?やりたい事はいっぱいあって、時間が足りるかどうか?

密度の高い10年にしたいと思って居ますが、まあ、マイペースという事でボチボチ生きたいと思います。

何しろ、探し物時間と言うのがここ最近富に増えて、その無駄時間をなんとかしないといけません。

先日来ここで書いて居ます。名簿と、近年にもらった年賀状が引越し荷物から見つからない。

もう一つ、重要書類の入った箱も見つからなかったのですが、これは見つかりました。一先ず一安心。

後は名簿です。この事で、年末年始どうもモヤモヤして、すっきり正月が迎えられなかったのです。

名簿。私はこれをデジタル化して居ないので、今までの人との関わりは、全てアナログのままなのです。

一部携帯のアドレスから新年のご挨拶はなんとか済ましたものの。長い間の年賀状のやり取りは続けたいものです。

ここ最近は特に、転々と住所を変えて居たので、いよいよ落ち着いたところで発信したかったのですが、

まあ、私の人生はこんなもの、肝心なところで転ぶのです。

結構慎重に生きているつもりなのですが、ここ一番でコケる。

 

二日から

京都で新年の飲み歩き始め

数年前から

ちょくちょく寄る先斗町にあるBAR

このチーズが旨かったです

そして

屋形町の隠れ家から

鴨川を渡って東福寺の立ち飲み屋

数ヶ月前に寄ったのですが

マスターはちゃんと覚えてくれていました

そして常連のお姉さんも覚えてくれていました

この日ここの立ち飲み屋は2回目

先斗町に出かける前に寄って

帰って来てまた寄って

やっぱり京都

外国人も多い

訳の分からない英語で話を合わす?

中に気のいいホテルマンの若者がいて

彼が通訳でなお盛り上がる

オーストラリア人イタリア人カップル

この写真を撮った事も忘れるくらい”♪一年一度酔っ払う♪”

どうやって帰ったか?

覚えて居ない

しかし

京都にもこんな立ち飲み屋がある事は嬉しい

ここでは1500円

やっぱり庶民的な雰囲気とチープが良い!

京都駅前におしゃれな立ち飲み屋があるが

どうも馴染めないし全然酔えない

その点

京阪沿線東福寺は下町人情があって良い

ワイワイ!ガヤガヤ!

月一くらいで行けたら良いかな〜♪

東福寺にはもう一軒行きつけの

オムニが営む居酒屋があるが最近は早仕舞いで残念

 

何か最初の書き出しの慎重に人生設計?などとは程遠い

「また今年も飲み歩きかい」と

突っ込まれそうです

 

新年早々

むもんの親父のなんちゃって格言

”慎重且つ心の崩壊もまた人生”


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM