血糖値

先日来、血糖値の問題で、食事制限、飲酒の自粛で血糖値下げ作戦を決行中ですが、いろいろと自分なりに、我慢と意識の持続をなんとか保っております。それがストレスなのかどうか?先日。暴飲はしませんが暴食をしてしまいました。

ま、いろいろとスロレスの原因はあるのですが、とある記事をみつけました。

 

筋トレで糖尿病予防、筋肉を強化で、男性ホルモンのテストステロンが増える事で、インスリンの分泌が増え、糖尿病予防になると言う事の様です。これは米大学の研究で明らかになったそうです。

 

男性は、寝過ぎでも、寝不足でも糖尿病のリスクが高くなるそうです。1日7時間が平均睡眠として、これ以下でも以上でも良く無いそうです。オランダ・アムステルダム自由大学医療センターの研究結果。

しかし私の場合、20代の頃から睡眠時間は3時間から4時間が習慣で、今でもよく寝て5時間程度なのでどうなのか?

 

自転車乗りは糖尿病のリスクは低いとの事。今私が自転車で走り廻っている事は正しかったのです。

これは、南デンマークの中高年を対象にした研究結果で、サイクリングは糖尿病予防になるという事の様です。

そもそも血糖値が高いと言われたのは、肩の靭帯を切って、自転車にあまり乗らなくなった頃だったと思います。

最近の引越の時に、2001年の時の検査データが出て来ました。

そのデータによると、血糖値は130。15年前のものですが、今と殆どかわりません。

と言う事は、正常値範囲60〜110から見たら、多少高いのですが、その数値は変わりません。今でも120から140くらいの範囲で上下しています。ただ前回の検査で160と言う数字が出たので、ちょっと今、気を付けているところなのです。

この時、尿酸値も正常値をオーバーしていましたが、今は正常値内で問題無し。血糖値以外問題無しと言うところなのです。

 

今や成人の3人に1人が糖尿病予備軍。日本人はインスリンの分泌量が欧米人の4分の1なのだそうです。インスリンと言えばすい臓。すい臓の働きを活発化すれば良いのかも。と言う事ですい臓を調べて見ました。

すい臓は、食べ物を消化する膵液を十二指腸に、腸で消化を助けるホルモン分泌し、そして血中の糖分の調整するインスリン(糖分量を下げる)やグルカゴン(糖分量をあげる)などを分泌。

今のところ私はこのすい臓と仲良くしなければなりません。で、すい臓を元気にする方法を調べてみました。

すい臓は、唯一暖めてはいけない臓器なのだそうです。肝臓、腎臓、胃腸は暖めて快復するらしいのですが、すい臓は冷やして快復。

肝臓、腎臓をあたためながら、すい臓を冷やすと効果的。これに寄って各臓器の働きが活発化して、より多くの酒が呑めると言う事らしい。と、言う事ではないのですが? すい臓の働きを助けて血糖値改善をはからねばなりません。

 

きょう高校の同級生Mからの電話で、彼は1日1時間歩いていたらしいのですが、もともとヘルニアからの持病で足が悪い。最近足が痛いので医者に行ったら、歩き過ぎと注意されたと言っていました。人によってでしょうが、過度の運動もよく無いとのこと、年齢的にもあまり無理をしてもよく無いと言う事です。健康の為の運動で身体を壊したら、それこそ「健康の為なら死んでもいい」?となってしまいます。事実、健康の為の食生活が不健康を招く事が起きているとか?水ですら飲み過ぎたら腎臓病になる様です。

 

どちらにしても、食べ物が旨い。酒が旨い。この誘惑には負けそうになりますが、後一月頑張ってみたいと思います。これは徹底的にやらないと、本当の成果は出ませんから。これで本当に成果がでたら納得。

そして今度は、次の段階を試してみたいと思います。先ずは暴飲暴食は避けなければなりませんが、そこまで我慢して長生きはしたくないとは言え、失明や足切断はまっぴらごめんなので、すこし工夫をしながら今の症状と付き合いたいと思っています。

 

友人Y氏は、飲食共?に食が細く、身体もスリムで羨ましい体型。見るからに理想的ではあるのですが、自律神経失調症に悩んでおりました。スリムにはそれなりの何かがある?まあとにかくバランス?しかしバランスと言っても何を基準に?、それは個人差で人それぞれなのでしょうか?それにしても年をとると言う事は厄介なことです。長生きしたいとは思わないけど病気にもなりたくない。

今のところは、これまでも大きな病も無く来れた事は、幸せな事でございます。

肉体のバランスもですが、精神のバランスも整えないといけません。穏やかな時の流れを穏やかに過ごしたいものです。

 

しかしやっぱり、自転車が良い様です。

自転車はヒザに負担がかからず、ほぼ全身運動。腹筋は意識してないと自転車では効果無し(体験上)とも言えます。

ここ最近は雨の日ばかりで、自転車に乗れませんでしたが、また明日から走ります。

とまあ、そんな事で、一応日々少しずつ、なんとか生活習慣を安定させる事を考えて、精神の安定を図る事に意識を集中して!

今の、前にも後にも身動き出来ない状況の中では、これが長く続くと精神的病になりそうです。

先ずは生活習慣を整える必要があります。

 

そして「旨いモノをほどほどに食して、旨い酒を少々嗜んで」健康に人生全う出来たらそれに超した事はない。

 

昨日の明日は今日ですが

久しぶりの太陽サンサンお早うサンの爽やかな朝です

さっそく今から走って来ます

最近は健康お宅

やる時は徹底してやってみないと

本当の結果は出ない

それを基準にこれからを考えます


鬼の霍乱

先週の階段からの滑落事故から一週間。今なお肋の痛みは残って、尚かつ、夏風邪をひいて、寝込んでいたのですが、右を向いても左を向いても肋が痛い。起き上がろうとすると、脇腹に激痛。いっその事起きてた方が肋はいい具合。しかし、咳をする度に肋に響いて痛い。

骨折でもしてるのでは無いかと、Rちゃんに話すと、骨折してたらそんなもんじゃない。自分は裏の崖から落ちて、肋を骨折したけど、それは痛かった。との事で、私の場合は骨折とまでは傷は深くなさそうです。ちなみにRちゃんは中学の同級生の働き者の女子。

でも、今朝くらいから肋骨の痛みも和らいで、体勢を変える時に痛みが走る程度となった。良くなってる!。

風邪の方も、熱があるのか無いのか、体温と気温がそう変わらないせいか、熱っぽく無かったのですが、(ところがここ二、三日の急激な冷え込み)身体のフワフワ感はあり、鼻水タラタラ、もうろうとした感じはある。しかしそれも今朝位から、正常に近い状態になったので、今日は京都から岡山に帰って来ました。先日の日曜日に大阪で用事があったので行ったのですが、結局京都の宿で寝連休。まったく連休とは無関係な私。気が付いたら世間は連休。そんな中、京都まで行ったのですが何処もガラガラ、車もスイスイ。肋骨は寝てるより、起きている方が楽なので、運転に支障はなく助かりました。

その時もまだ、風邪とは気が付いていない私は、フワフワした状態で、先日会った友人Hさんが、面白かった、と、シン・ゴジラの事を話していたので、ぜひ観てみたいと、上映映画館を探したら、意外と近かったので、雨の中行って来ました。シニア1100円。さすがに年齢確認証明はありませんが、生年月日で確認。私の前に並んでいたシニアは免許証の提示を求められていました。私も免許証が直ぐに取り出せるようにスタンバイしていたのに、がっかり?その映画館は、大小あるのかも知れませんが、1〜12まで上映室があり、アニメや今封切り映画を上映していました。私の入った上映室2は、A列〜O列 1列15席前後ありましたから、徳島で唯一の映画館よりもでかい。そんな上映室が12室。京都駅東側に新しく出来たイオンモール。無印商品、ユニクロ、ダイソウ、トイざらス、本屋はワンフロアでかなり広い。よく知られている店舗がここに全て揃ってる。そんな感じのモールでした。セルフサービスの飲食店街にはあの”いきなりステーキ”もあります。今までのイオンモールの集大成と言った感じです。店のグレードが高い。その中でも、画材屋がかなり広いスペースである。最近は画材屋を探すのに一苦労しますが、ここは日本画の岩絵の具まで揃っています。こんなイオンモールは始めて?さすが京都?

こんなのが出来ると、周辺の商店は完全に潰れます。いままで見た事の無いいたせりつくせりのモールでした。

 

そして、岡山ですが、私がここで住んでいた15年前に比べたら、駅前界隈にあった色々な公共施設が、一ヶ所に集まり、アトリエに近くなって、非常に便利になっています。そして、ビックリなのが、その界隈には、スーパーが固まって、4軒。しのぎを削っています。いずれ淘汰されるのでしょう。かなりの広さの駐車場を備えた大型スーパーです。今はいろいろな所を覗いて、各スーパーの特色を検証しているところです。この界隈の人は必ず車で行きます。田舎は、車無しで生きていけないのです。どんなお婆さんでもおじいさんでも。車を運転してお買い物です。中にはタクシーでのお買い物。と言う老人も居る様です。

何かに書いていましたが、介護士の年齢が60歳以上が7割と高くなって。老々介護となっている様です。

まあ、そんな訳で、その新しいイオンモールには、シニアのカップルがいっぱい、奥さんは綺麗にばっちり化粧で若い?旦那は普通のおっさん?奥さんが、若い。ファッションもヒラヒラ付きでオシャレです。奥さんはニコニコハシャイで、旦那はむっつり背広にネクタイ。まあこれは、特に気になったご夫婦?カップル。あまりの年の差に、えっと思ってよくよく見ると、奥さんの若作り。

そして、岡山に帰って来ると、スーパーの景色と言うか、登場人物の衣装は京都とは比べものにならない程のベタベタファッション、これはこれでリラックスして良い。

そう言えば、国道2号線ぞいの何も無いバス停に、掃き溜めに鶴の様な女性がスッと立って居ました。

真っ白なワンピースは、裾が広がってシンプル。少し尖った真っ黒な帽子をかぶって、すらっとしたその女性の姿は、そのスチュエーションでは、異様とも思える、違和感の有るドラマチックな美しさ。以前ここで書きました。でっかい無骨なダンプカー。ピカピカに磨き上げられたデッカいそのダンプカーの運転席から降りて来たのは。ビシッとスーツで決めた。金髪の美女。それも農道の様な田舎の道でのことでした。対向車として私は路肩に止めて車を交わすのを待っていました。彼女が道路に出て来た子犬を拾い上げて、道の路肩の草むらに連れて行って、またダンプカーに乗り込んで、走り去って行く一部始終を唖然とみていました。真っ赤なマニュキュア、チャラリンとエレガントなイヤリング。これは過去に詳しく書いています。ドレスアップした女性が田舎の自然の中にたつと。ハッとする美しさがあります。

今日出会った。通りすがりのシンプルで真っ白なワンピース姿の女性は。この田舎の村からバスで、街に出かけるのかなあ?何か?パーティかな?と、遠くから近づいて、通り過ぎるまで見てしまいました。後続車が見とれて事故を起こしたと言う話は、ございませんでしたが。まあ、そんなわけで、どんな訳か?極端な地域を行ったり来たりしていると、何かと感じるものがあります。

 

話はそれましたが、”シン・ゴジラ” 確かにCGは凄い。ストーリーは至ってシンプル。そのゴジラ対策で国の対応振りが細かく表現されていました。何を決めるのも、各省庁の役割範囲で緊急事態にどう対処するか?を、互いの責任問題を考えながら慎重に会議を重ねると言うストーリーで、その間、ゴジラはフリーズ状態で待ってくれていると言う都合の良いストーリー、進撃をやめて眠ってしまうのです。CG制作に置いても、意図的に節約型?ストーリーとなっておりました。なので、ゴジラの活躍より、人間社会の政治的各省庁の責任的役割分担の早わかり説明映画?と、そんな感じがしたのです。ただし、そこここにチョイ出の大物俳優総出の映画ともなっていました。

首相がゴジラ総攻撃を慎重に許可したら、老人二人の存在を確認して、攻撃中止。しかし攻撃を中止したら、高層ビルはゴジラの放つレーザー光線で切断され、なぎ倒され、完全には非難出来ていないと思われる建物の倒壊で、犠牲者は倍増と思える惨状でした。一人でも目に言える人の犠牲になる判断は出来ないと言う事は、人命第一。見えないところでの犠牲者は仕方無い。

ただ、ストーリーはともかく、ゴジラのCGテクニックはなかなかのもので、もっと出し惜しみなくフルに映画全体に活用したらもっと迫力有るものになったと思うのですが。これも映画製作総予算の問題でしょうか?やっぱりこう言うのは、ハリウッド映画。稼ぎも違うけど、制作費をケチらないから。映像は最後まで迫力を感じる。

映画館の入りは、雨の連休にも関わらず、観客席はがらがらで3分の1程度の入り、それも半分はシニアで割引組。連休で雨となれば、映画でもと言う事で、映画館はいっぱいかと思いきやそうでもなかった。最近は満杯の映画館見た事ありません。徳島の映画館は観客5、6人だったと思います。

そう言えば、友人T氏のシナリオがハリウッド映画の企画会社?に売れて、先月ハリウッドから、スポンサーや弁護士税理士総勢18人が、打ち合わせと契約の調印の為に来日したそうです。莫大な印税が見込まれるみたいです。但し、そのシナリオが具体化して印税が入って来るのは15年先と言う事で、もしその時本人が死んでいたら、その子供に相続されると言う契約書も交わしたそうです。

そう言えば、T氏は確か、田舎の土地が何億かで立ち退き話もあるとか?それも、十数年後の計画で、先の話の様な事を言っていました。でもまあそれにしても幸せな話は、集まるところには集まるもので羨ましい。但し、15年後ではその金、使い様が無いのでちょっと残念みたいですが?その上今度は、T氏。町内のハワイ旅行に行く予定の一人が急病で欠員、T氏に行って欲しいとの誘いで、無料のハワイ旅行をゲット?したとか。これまたラッキーな。ついてる人は何処までもついているなあ〜!人ごとながら喜ばしい事です。T氏は、交通事故やら大病で臨死体験を持つ人ですから、普通の人ではないのは確かです。全てがダイナミックな御仁です。かれこれ40年のお付き合い。

 

久々のブログ更新も支離滅裂

生活基盤が定まらないと言う事は

体調や精神衛生上にもよくない事がよく分かる今日この頃です

このところの鬱陶しい不快な天候も

憂鬱を招く原因でしょうか


それぞれの都合

最近、身内の残忍な事件が目に付きます。

いがみ合う家族。殺したい程憎い。バラバラ事件。

母親は子供を道連れにする。

家族で騒音問題。最近は女が恐い。

と言ったニュースが目に付く。やはりこのような残忍な犯罪の心理は感情が根源?

殺したい程の、感情を抑えられない女の恐怖。激高は長時間継続する女の執念深い魂?。

 

とある、家族。真面目でそこそこの稼ぎをしていた夫。

家族を養い。子供達全てを私立の大学まで行かせ、なんの不自由も無い家族への責任を果たした夫。

熟年夫婦となった時に、事業に失敗。そして過去の夫の浮気が発覚。妻は夫を許せない。離婚。

妻は子供たちに、夫の悪態を吹き込み続け、洗脳。ことあるごとにそれを持ち出し、子供たちは完全に父親を捨てた。

今、その夫は80歳を超えて、余命を宣告されてなお、子供たちは完全無視。

母親はそれ観た事かと、夫をあざ笑い裕福な生活をしている。この長年持ち続ける激高の感情の持続。

子供たちには、極力父親を無視する事を今でも強要する。執拗な妻の怒りの持続は空恐ろしい。

 

この度の歌舞伎役者の不倫騒動。今年に入って芸能人の不倫報道は、今更と言った感じで湧き上がる。

不倫は男が悪いのか?

こう言った話題が続くワイドショーに、辟易顔の出演コメンテーターも居る様です。もっと大きな問題が世の中にはごろごろですから。

女の敵は女。よく在る話、自分のは置いといて、相手を攻撃するなじる。感情の動物?。

私はけっこう広い人脈を持っている。そんな中、身近でも、女の不倫は若干知っている。

なぜか女の不倫はバレないが、男の不倫はバレる?女は自分の不倫を棚に上げて感情むき出しで激怒する。

 

私の知っている不倫のパターンその1は、夫婦共々浮気でひっくり返る悲惨で面白い?。人ごととして。

真面目な夫?二人は、何時も仲睦まじい。妻は夫の親の為に東京から大阪に着いて来た。が、妻は浮気をしている。

あるとき自宅の引っ越しで、新しいマンションに転居。そしてしばらくしたら隣に母子家庭が引っ越して来た。

子供が出来ないこの夫婦。夫は、隣の子供が可愛い様子。

子供を借りて?きて、子供の居ないその夫婦二人でその子をたいへん可愛がっておりました。

ところが、だんだんその夫の可愛がり様が、妻には異様に映るようになったのです。

そして、発覚。隣の母子家庭のママは夫の浮気相手、子供は夫の実の子だったのです。

妻は妻で浮気しています。まあここまで来たら離婚しか無い。

まあ、そんな現実を昔々見聞きした。身近なお話でした。

 

もうひとつ。私の友人の話によりますと、弁護士と医者の奥さんを軟派したと、得意がっていました。

周りにはごろごろそんな話が転がっていました。

男の甲斐性と割り切るのか?女も男も裏も表も。それが犯罪を生む事になっては惨いことです。

 

そんな女性ばかりではありません。友人主婦のHさんは子供は居ない。夫が浮気したら裸で外を歩かせると言いつつ。献身的妻を勤めています。参加した宴会や、観戦中の球場からも、夫の為にと途中でも帰ってしまう徹底した夫思い。良い夫婦です。

そこまで夫の事を思って行動する妻も珍しい。だいたいの妻は、夫を尻に引いている事を豪語し自由に振る舞う。

子供の居ない夫婦。子供の居る夫婦。悲喜こもごも。

先日は友人の行いを巡って、老夫婦に離婚の危機。我ら、仲間が集まって、対策。

「ただただ、謝るしか無い」

「頭を丸めるて、出家して仏門に入って誠意を見せるしか無い」とか。

皆で修復を心から願う、提案を真剣に考えたのです。

まあ、人様々、千差万別。人の感情の在り方は男も女も様々。肝要度も様々。

お二人は只今修復工事中?

 

またる女の友人は、こんな話をした。

妊娠中の体調不良から、夫には金を渡して、風俗へ行けと薦めたと。

これも、まあ肝っ玉の座った太っ腹な女の話。

身近な話としてもさまざまいっぱいあります。

正常異常の夫婦の在り方は、様々なパターンを見ているとなんとなく分かります。

金さえ入れてくれればの世界で、納得夫婦も在ります。

金も入れないでと言う最悪もあります。

金が円満の鍵となるとは世知辛いが、お互いが仮面かぶってかぶり続ける納得済み。それはそれ。

 

知人の人妻の不倫。私の知る限りのパターン二つ、客観的に見て、どちらも旦那がやけに優しい。

妻は完全に旦那を騙してる。とある夫婦は妻の不倫相手を夫婦で脅して、金品を巻き上げた。

その妻は、各方面の不倫相手を別れ際に脅して、高級車を購入。現実は小説より面白い?

 

こんな私の周りの狭い範囲での情報で、世間を計り知る事は出来ないが。

テレビで報道される、最近の不倫騒動はその時間をかなり費やしています。

昔は、必ず甲斐性持ちは妾の一人や二人と言った話は普通だったと思います。

これには、人権問題がからんで来ますから、今では非難の的。

 

男と女と言えば、江戸時代はおおらかな混浴時代。これは風呂屋の節約だったと言う事らしい。

江戸時代の銭湯は蒔き代が高くつくので、銭湯の湯船は一つ。今のように男女分けると水も蒔きも高くつく。と言った理由から、湯船は一つで混浴となったとか、その後は、やっぱり問題人間の続出で、日替わりで男女を分けたとの事。

まあ、おおらかな話です。

ところが、現代にも未だに男女混浴風呂は存在します。

私が経験したのは、無料の露天風呂。外から丸見えですからこれは自己責任の世界。

三朝温泉の橋の下。湯原温泉のダムの下。これらはみなさんご存知有名。

東北には数々?在ると思います。

私が経験したのは、安達太良山の麓のとある温泉。別にそこを目指して行った訳では在りませんが、たまたま通りすがりで入った普通の地元の天然温泉公衆浴場。脱衣所の入り口は男女別々。浴場に入ってみると大浴場は腰位までの高さの仕切りが在るだけ。全て見通せる状態。なんでそこまでの仕切りをするならもっと高くしないの?と言いたい、中途半端な仕切りで。行き来出来ないようにと言った感じ。覗くのは自由??まあ、東北には何処にでも在りました。特に露天風呂に多い。ま、私の場合は時期と時間帯の関係か、ほとんど独り占め状態が多かったのが残念?山々を見る八幡平の温泉も林の中の乳頭温泉でも。

 

またまた、話はそれましたが、江戸時代の男女混浴から、厳格な世間の目に晒されている不倫騒動の現代まで。

人間は昔も今も同じ?で、しきたり、風習、戒律、秩序、道徳の目に監視される今です。

 

厄介な問題は出来るだけ避けた方が良い。後からなぜか本当の話が出て来る。

 

さっきネット見ていたら、ドリフターズの不仲の原因が金であったと、志村けんが本音トーク。

いかりや長介がメンバーに分けるギャラを独り占めしていた事。

 

私はそこの本当が知りたい。今だから言える本音トークが面白い。

だいたいどんな問題でも、特に政治的問題の真実は絶対出て来ない。しかし、ある年数が経つと真実が証される。

ニュースを見ていて何時も思う事。だれも肝心な事は喋らない、嘘を平気でつく、そして、しばらくしたら何処からか漏れ出て来る。

そんな成熟?したニュースが好きです。そもそもニュースとは新しいと言う事だと思いますが、ニュースは腐りかけ?が面白い。

殆ど?の組織的問題の話には嘘が多い。人は組織の為なら平気で嘘をつく。

嘘をつかなければならない立場にはなりたくないなあ。と、つくづく思う。と言う事で大人の都合が世間の常識?の矛盾。

 

不倫とはまったく関係無いとは言えない。大人の都合。

絶対許せない個人的遺恨は根強い。墓場まで持って行くのはほとんど悪事、大人の都合。

しかし、死ぬ間際に、口が裂けて溢れて出てしまうかも知れない。

そんな大物が出て来て、洗いざらい喋ってもらいたい真実が意外と他愛ない話かも知れない。

実はあの重大な決定は、サイコロで決めたとかあるかも知れない。

時々出て来る、週刊誌の過去の腐った話や、風化した話が真実の様で面白い。作り話も多いかも知れないけどです。

 

しかし、やっぱり実話が面白い。ドリフターズの話を読んで、当時の金が絡んだ人間模様は?一人一人の心情は?今だから言える。いかりや長介がいかにえげつないピンハネ屋であったか、しかし、当時のいかりや長介の表の顔にはそんな、一回の営業で皆で稼いだ1800万円を、独り占めしていたとは思えない、善人を装える人間の凄さを示している。表と裏。この人間性はなんなのか?

 

そう言えば、「私は他人からどう思われてかまわない」だから、私は理不尽な事でも平気でする。私にはお金がいっぱいあるから、だれにも頼る必要は無いから、好きにやる。世間の常識なんかどうでも良い。と、以前、こんな人に私は、意味不明な世間知らずの発言をされ、困惑した経験があります。まったく、こうなったらまともな話は出来ない。何でもありの世界になったら恐い。

やっぱり、秩序、戒律、道徳は徹底して守らないと安泰は保てない。

しかし、戒律や道徳を重んじ、指導育成の立場にある先生や警官の性犯罪が目に付く、その立場だから余計目に付く。

示しが付かない。小学生の女子児童が幼い子供を襲う通り魔事件?が先日あったと思います。犯罪も低年齢化。

 

ま、とにかく大人の都合?がまかり通るのが恐い。東京都の埋め立て市場現場も誰の言う事が本当なのか?

個人の問題じゃあ無いのだから、言った言わないの問題では済まないと思うのですが、ほんとはそんな軽々しい事で世の中は動いている?のかも知れない。

気に入らないから殺す。それも家族をとは、そこまでいがみ合いながら、我慢して一緒に居なくてもと思うのですが?

 

かくして

みんな檻の中

罪深き人間はこれから何処へ向かうのでしょうか

とここまで書いたところで

たった今

電話が入って

以前ここで紹介した情報通のOさん

今話題の蓮舫二重国籍を調査した

Oさんの友人や

その他

ここでは書けない諸々を

聞かせてくれました

そして福島の店の今の情報も

さて雨も上がったかな

さっき東京の友人Tさんからの電話で

東京も雨

独居老人のTさん

洗濯物を入れるから電話切るワ

 

またまた取り急ぎ誤字脱字ご容赦


アクシデント

追い剥ぎ被害以来、アクシデントは続くもので、忘れ物や、探し物は日常茶飯事。

今の日常の不規則と煩雑さは、どうも心の乱れ。精神的不安定に繋がる。

ブログの更新ももう一つ、書きたい内容もいっぱいですがここ最近のブログはまとまりも悪く、誤字脱字頻発のありさま。

最近のあれもこれも、やらなければならないといけない事が何かとあっての焦りなのか?

どうも、今の日常的に頭のボケボケを感じてしまう。

とにかく体力増強筋力アップの毎日、自転車は欠かさず乗っています。(今は足慣らし程度から)

運動をすると、感受性がどうも緩慢と言うか鈍化と言うか、感じる心が鈍る気がします。

血液は筋肉に行って、脳の血液が薄くなる?そんな事があるのか無いのか?

どうもブログを書く集中力が欠落している様な?気のせいでしょうか?

 

で、アクシデントですが、日頃の生活がどうも、地に足が付いていないと言うか、心に柱となる筋が通って無いと言うか?

先日、友人の喫茶店の10周年記念パーティにご招待頂いて、海遊館から貸し切り遊覧船での豪華クルージングとその後の宴会を楽しんで来ました。本来なら無文は今年四月で新旧無文14周年でしたが、人生のアクシデントとでも言いましょうか。ここでいろいろ書かせて頂いた事ですが、まあ残念な事に、人生最後の砦とし築いてきたそば工房無文でしたが、その無文はパートナーの裏切りで、中断を余儀なくさせられたと言う事です。

そして、これも最後の最後の終の住処として温存してきた。お気に入りの場所の岡山のアトリエも、またまた移転を余儀なくされる事になって、晩年ここに来て、最近特に集中的人生のアクシデント?が続いています。

今、無文とアトリエの次を、いろいろ模索しているのですが、その方向性は今、公の意向に委ねられていますが、予定通り進んでいません。7月に福島店が不本意ながらキッパリ終わって、8月にはアトリエの方向性が決まるとの事で、即次ぎの行動に移せると思っていたのですが、何かの都合で遅れている様です。私はただただ待つしか無いのです。地に足が付かない状態では、まったく方向性が定まらず、考える事すら具体性に欠ける状況なのです。そんな事で、ここに至って最近は精神的にどうもフワフワ感がつのって、トンでもない間違いやトラブルを引き起こしています。

 

先日、海遊館辺りを皆さんとウロウロしている間に、携帯のケースに入れていた免許証を落とした事に気が付き、その界隈で落としたのか?バックの中に在るのか?。いやあ困った。遊覧船に乗り込む寸前で気が付いたので、気が気では無いのですが乗船。

下船後、桟橋のチケット売り場に落とし物は無かったかを確認。無いとの事。

次に今度は宴会場まで皆さんについて行くので、落とし物は後回し。

盛大に行われた楽しい宴会はおわり。勿論私は、食事制限と飲酒制限で極力飲食セーブでした。

そして、もう一ヶ所そこから自転車で西区まで、フルスピード。20分。

そこで、常連Yさんが釣って来たトレトレの魚のお造りパーティーに参加。Y氏のさばいた各種様々の魚をつまんで、そこでも酒はセーブ。そして、今度はまた別の場所での飲み会に参加。また自転車でフルスッピードで会場に。

と言う事で、当日の炎天下、自転車での筋力アップも兼ねた移動にも抜かり無くです。次の会場へフルスピード移動。

 

そんなこんなで、京都からの自転車抱えて輪行。そして宴会巡りを終えて無事帰京。

その夜、急に紛失した免許証を悪用されないか気になってきました。

翌日、海遊館がオープンするのを待って電話。落とし物係で免許証の落とし物確認。無い。

となると、早く警察に紛失届けを出さないと、もし悪用されたら逃げられないので、五条警察に直行。

紛失届をだして、次は再発行手続きです。私の場合、現住所は岡山です。

再交付は岡山の免許試験場まで行かなければならないのか?これまたたいへんやなあ。と思い、詳しく話を聞いたら。

たまたま、免許証の住所変更をして無かったので、門真の試験場で即日再発行が出来る事が判明。

ああ、助かった〜。と、その足で、さっそく自転車担いで門真へ。京阪電車特急乗車。

樟葉を越えた当たりで、携帯の留守電に何処からかメッセージが?再生してみると「大阪駅落とし物係です…」

は?、大阪駅で落としてたんや〜! 助かった〜!

そのまま、門真を通り越して、天満橋で下車。大阪駅に向かいました。

ありました〜!やっぱり日本は捨てたもんじゃない。

と言うか、このところ、交番や警察署のお世話になる事が連続発生。やっぱり心の乱れ?

免許証は40絡がらみの女性が名も告げず届けてくれたとの事。いやあほんと助かりました〜。

何処のどちら様か分かりませんが、有り難うございました。

で、免許証受け取り、やっと落ち着いて、ヨドバシに寄って帰ろうとしたら、朝からバタバタしていたので、トイレに行きたくなって個室に。さっぱりして、さて帰ろう。としばらく歩いて、帰りかけたのですが、「あれ?」何かおかしい?

何か?ポケット、バッグを確認。携帯が無〜い。「あっ!」

慌ててトイレに走って戻りました。当日、ヨドバシカメラは比較的暇だったのでトイレもすいてて。ありました。

また、携帯でも紛失したら、その中には、ICOCAと免許証が入っていますから、またまた大慌てです。

胸をなで下ろして、この連続のアクシデントはやっぱり心のゆるみ、どうも今の我が身の上の状況はよく無い。

いつも何かを探してる。何処へ行っても気が気では無いのです。最近は特にそうなのです。

これは、単に年齢的ボケではないと思う、先の見えない今の状況が招いている、精神的不安定から来るものだと思うのです。

 

そして、とうとうやってしまいました。

もうこれで人生は終わりかと?思う様なアクシデント。私はこの方。店の階段でも、アトリエの急な階段でも転落した事は一度もない。

ところが昨日。階段から滑落したのです。一瞬何が起きたのかと我を忘れる茫然自失の思いで、その場に座り込んでしばらく動けませんでした。

脇腹を強打して最後に頭をガツンと打って、その時はビックリして何ともなかったのですが、しばらくしたら、座った椅子から立ち上がれない。寝床から起き上がれない。

脇腹ですが、こんなところも身体を動かす時に、力がかかっている事に気付かされる思いでした。激痛です。

その内に頭もずきずき。幸い頭は階段の角ではなく、平らなところへ打ち付けたので、ダメージはそれ程でもない?が痛い。

後頭部左下。徐々にコブが膨らんで来ます。

意識はあったし、滑落の状態が良かったのか?、脇腹、後頭部以外は何ともない、後になって、肘も擦りむいてひりひりして来ました。

こんな事で、身動き出来ず、独居老人は一人で死んで行く事になるのかも知れないと、つくづく思いました。

まあ、滑落の瞬間の身構えが出来ていたので、でもほんの一瞬の出来事。思いもよらない油断のアクシデントです。

16年前まで7年間ここで作陶生活をしていた時とは、気力も体力も違うのです。

 

宙ぶらりんが続くと、精神的にもよく無い、何事にも上の空。早く次の行動に移らないと、年齢的にもここで心身が緩んだら、本当に立ち直れない老人になってしまう。そんな焦りもあるかも知れない。

アトリエの立ち退き問題に結論が出ないと、次の構想も全く具体性を伴わない。堂々巡りではどうにも落ち着かない。

私は未だかって、こんな空白で宙ぶらりんの時は無かった。常に目標をもって、休み無く動いて来たのです。休みも目的のある休みなのです。今は、その目標さえ立てられない状況です。心の置きどころが無いのです。

去年の暮に、店を閉めて、7月で店の引き渡しは和解条項で決まっていたので、引っ越し準備と、アトリエ立ち退きの件も8月には結論が出ると言う事で話があり、そこに照準を合せて気持ちの整理と、その間を休暇と次への心の準備をと考えていたのですが、フェイントを食らった感じで、アトリエの件の結論は都合上先延ばしとの説明がありました。八月以降の計画を色々考えていたのですから、その勢いも萎えて来ます。

何ヶ月もこんな状況が続いたら、ちょっと困る事になります。また、次の準備には何ヶ月もかかると思います。

 

ここに来て中途半端な状況を強いられているという現状です。待つしか無いのですが、人生に関わる大問題ですから。

この浮ついた情緒不安定では、今度はどんなアクシデントに遭遇するか。決まっていた予定が何ヶ月もズレルと困るのです。

長い間考えていると、いろいろその時の精神状態で考えも、自分でもどの方向性が良いのか?体力気力、情報でころころ変わります。

とは言え、17年間のそば打ち技術や陶芸は何らかの形で続けたい。元本業の絵も描きたい。

ただ、今は体力増強、食事制限、そして、イラストは毎日少し始めました。

どちらにしても、新蕎麦には、お客さんが待っていますから。その準備もしなければなりません。

 

それにしてもここ一二ヶ月の間に、引っ越しやソフトバンク問題の発覚や、細々トラブル多発といろいろ重なってエネルギーの消耗は激しい。

そして、今度は人生最後の大移動。また引っ越しです。いささか早く落ち着きたいと言うのが、本音。

「住民の方々には、ご迷惑をおかけするので、それなりの事はさせて頂きます」との事なので。

とりあえず今は、安心して待つしかありません。波瀾万丈?私の人生最後の大きな出来事は、これで終幕を迎えるのでしょうか?これからの平穏な生活の為の、今を乗り切らなければです。全てが終わった頃には、また一つ年を重ねます。

振り出しからの出発。体力気力の温存は如何に?その為の健康維持と体力増強が今の仕事?

 

とまあ

あれもこれも?あっちもこっちも?

笠置シズ子の「買い物ブギ」ではないけれど

♪いそがしいそがし、ああ〜しんど〜♬

 

日の出

日の入り

日々

繰り返し

晴れの国おかやま

温暖で平穏な国

ケセラセラなるようになる

とにかくよろしくお願いしたいものです

Check

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM